バストトップ 黒ずみ クリーム

バストトップの黒ずみをレーザー治療で薄くする場合

バストトップの黒ずみは女性にとって大きな悩みのひとつです。
デリケートな部分のためなかなか人に相談もできず、一人で悩んでいる女性も
多いのではないでしょうか?

 

バストトップが黒ずむ原因は、ホルモンの変化や生活習慣、加齢などと言われています。
今は黒ずみを改善するための美白商品が数多く売られていますが、
即効性は無いので効果を感じるまでには時間と根気が必要になります。

 

もし、すぐにでもバストトップの黒ずみを解消したい!
と思っている人には、レーザー治療がおすすめです。
顔のシミはレーザー治療がポピュラーになりつつありますが、実は乳首の黒ずみも
レーザーで改善させることができるのです。

 

以前は、顔のシミと比べバストトップはレーザー治療が難しいとされてきましたが、
最新の「ピコレーザー」の登場により、バストトップの黒ずみを簡単に薄くすることが
可能になったのです。

 

 

では、ピコレーザーを使ってどのように治療するのかご紹介していきます。

 

 

ピコレーザーを使った治療方法

バストトップの黒ずみに使われる代表的なレーザー機材は「QスイッチYAGレーザー」と「ピコレーザー」です。
「QスイッチYAGレーザー」はレーザー治療の定番であり、黒ずみの元であるメラニンを少しずつ除去していきます。
おおよそ10回前後の照射で黒ずみが徐々に薄くなっていきます。

 

対して、「ピコレーザー」はいま最も新しいレーザー治療で、さらなる効果が期待できます。
ほとんどの女性が1回〜2回の照射で黒ずみが気にならなくなったと言っているほどです。
そのため、最近はバストトップの黒ずみの治療に「ピコレーザー」を選ぶ人が増えています。

 

 

具体的な手術内容とアフターケア

レーザーと聞いて一番気になるのが痛みの問題ですよね。
しかしピコレーザーを実際に試した人からは、「ゴムでパチンと弾かれる程度でそれほど痛くはない」
という声が多く、痛み自体は心配するほではなさそうです。
施術自体も5分程度で終わります。

 

しかし、特に痛みに弱い人、恐怖を感じる人には、麻酔クリームなどを
使用してくれるクリニックもあるので事前に確認しておきましょう。

 

レーザーを当てた後は少し皮膚が赤くなったりむくんだりしますが、
数時間から半日程度で収まっていきます。
その後、かさぶたができますが、無理に剥がそうとしてはいけません。
かさぶたの内側ではピンク色の新しい皮膚が作られている最中だからです。
このかさぶたは数日〜2週間ほどで自然に剥がれていきます。

 

注意点としては、クリニックから処方される軟膏を、
回数や期間など医師の指導をきちんと守って付けることです。
また、レーザーを当てた部分を刺激しないよう気を付けましょう。
シャワーや入浴は施術日当日から可能な場合がほとんどですが、
これも医師の指示に従いましょう。

 

 

料金について

クリニックによって多少変わってきますが、ピコレーザー治療はバストトップ両側で
平均して1回14万円前後となっています。
個別に軟膏などのケア用品が処方される場合はその料金が加算されます。

 

 

 

まとめ

ピコレーザーはバストトップの黒ずみに非常に効果が高く、
かつ体への負担の少ない最も簡単で安全な方法と言えます。

 

何しろたった1〜2回で黒ずみを解消することができるのですから、
これまでバストトップの色で悩んで来た女性にとって大きな救いになることは間違いありません。