バストトップ 黒ずみ クリーム

バストトップの黒ずみの原因

女性なら誰でも美しいピンク色のバストトップに憧れますよね。
でも実際は、黒ずんだ乳首に悩んでいる女性は非常に多く、
世間では多くのケア商品が売られています。

 

乳首の色は人それぞれ。
綺麗なピンク色の人から濃く黒ずんだ人まで、本当に様々です。
年齢に関係なく、若い女性でも黒い乳首をしている人は大勢います。
肌の色は同じなのに、なぜ乳首の色がこれほど違うのか不思議ですよね。

 

生まれた時から乳首が黒かった人はいないはず…。
なぜ乳首が黒ずんでしまうのでしょうか?
その原因がわかれば、黒ずみを解消する糸口になるかもしれません。

 

乳首はなぜ黒くなるのか、その原因を徹底的に調べてみました。

 

 

摩擦による擦れ

合わない下着を付けて肌がこすれてしまったり、かゆみがあってつい掻いてしまったりなど、
皮膚に必要以上に刺激を与えるようなことをしていませんか?

 

美肌を作るのに大切なことは、できるだけ「さわらない、こすらない」こと。

 

顔の皮膚については皆さんとても気を遣うのに、ボディに関しては無頓着になってしまいがちです。
しかし、体の皮膚も顔と同じように大切に扱わないと、さまざまなトラブルの原因になってしまうのです。

 

外部から刺激が加わると、体はダメージを受けた肌を回復させようと「メラニン色素」を作り出します。
もともとメラニン色素というのは、肌細胞にバリアゾーンを張って、
肌細胞がそれ以上刺激を受けないように守ってくれるものなのです。

 

人間の体には、このように外部からの刺激に対抗し、受けたダメージを癒す力が備わっており、
メラニンもこうした体の自然な反応により作られる物質です。
とは言え、このメラニンがあまりに過剰に作られると、肌に黒い色素沈着を起こしていまいます。
乳首の黒ずみも、このメラニンによる色素沈着が原因なのです。

 

特に、デリケートな乳首は摩擦による刺激にとても弱いです。
摩擦を避けるため、自分の体に合った下着を選ぶこと、そしてかゆみが生じた場合は
かきむしったりせず、炎症がある場合はそれ以上悪化させないように早めに皮膚科を受診しましょう。

 

 

女性ホルモンの影響

乳首が黒ずむ原因として、妊娠出産が挙げられます。
女性は妊娠すると女性ホルモンの分泌が急激に増え、それによって
メラニン色素が大量に作られ色素沈着を起こしやすくなります。

 

このため、妊娠した時に乳首が黒ずむのは仕方がありません。
メラニンが増えるため、シミやそばかすが増える女性もとても多いです。
出産後にホルモンのバランスが元に戻れば、少しずつ乳首の色も薄くなっていくものです。
過去に出産を何度も経験していても乳首がピンク色の女性は多数いますので、
妊娠時の色の変化はそれほど気にする必要はないでしょう。

 

 

メラニン色素が黒ずみを作る!

外部からの刺激にしろ、妊娠時のホルモン変化にしろ、乳首の黒ずみの原因は「メラニン色素」なのです。
乳首に限らず、肌の黒ずみの一番の原因はメラニンにあるのです。
それなら、メラミンの分泌を減らし、すでに体内にあるメラミンをう
まく体の外へ排出することができれば、黒ずみを薄くしていくことができるのでしょうか?

 

実は、皮膚細胞の生まれ変わりである肌のターンオーバーが正常に働けば、
肌内部のメラニンを少しずつ排出していくことが可能です。
外部から刺激を与えず、肌のターンオーバーを促すことができれば、
乳首の黒ずみも少しずつ解消されていくことでしょう。

 

メラニンを過剰に作らせないような生活習慣を取り入れ、
ピンク色の美しい乳首を取り戻していきましょう。